SUCNext 2007

トレードが大好きな人の社交場です。最新の手法を思う存分勉強しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

  書籍情報 & 無料セミナー情報 

◆12月10日に発売されるそうです。

061124westvillage.gif



◆RCロジックを上回る実績を出しているセットアップがあります。それを紹介しているURLはこちらです。
http://www.wvi.jp/cat3/



◆無料セミナーが開催されます。参加を希望される方は下記URLからどうぞ。
http://www.wvi.jp/cat9/


◆TradeStationに関する情報が次々と提供されるのは、我々にとってとても歓迎すべきことです。これを機会に更に高みを目指したいものです。



SUCNext事務局
  1. 2006/11/24(金) 09:17:10|
  2. 全ての記事

  トレードステーション入門 (書籍情報) 

◆〝トレードステーション入門〟という書籍が発刊します。詳しくは下記URLでどうぞ!

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775990452


◆著者紹介

西村貴郁(にしむら・たかいく)
投資顧問会社West Village Investment株式会社(投資顧問業者登録番号 関東財務局1435号)代表取締役社長。1975年新潟県長岡市生まれ。アーサーアンダーセン税務事務所、朝日KPMG税理士法人、KPMG税理士法人を経て、2005年6月30日に現社設立。システムトレードを得意とし、2006年4月に米国の証券会社Strikerに自社開発システムを登録、一任勘定による個人資産の運用を始める。同年8月には世界的な投資システム会社、米MESA SOFTWARE社と業務提携「R-MESA3 Nikkei」を共同開発。同年11月には正規代理店としてトレードステーション2000iの販売を開始する。


◆更に詳しい著者紹介を希望される方は下記URLからどうぞ。例によってアクセスできないときは、下記URLをIEにコピペしてください。毎度お手数で恐縮です。

http://www.geocities.jp/sucnxt/061123nishimura1.pdf

http://www.geocities.jp/sucnxt/061123nishimura2.pdf



SUCNext事務局
  1. 2006/11/23(木) 23:32:48|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月22日(水) 

◆HiLo-EZのプログラムは完成域に入ったように思います。この数週間でソースコードを大幅に改善しました、つまりHiLoバンド手法に加えて、RangeBreakを導入しました。結果、2つのセットアップのうち条件をクリアしたものでエントリーします。これで機会損失は激減しているのです。


◆銘柄選択方法も大幅に改善しています。従来は手作業でしたが、RadarScreenというTradeStationの基本機能を使って銘柄を自動検出するようにしました。これで手作業が無くなりましたが、良い形のチャートを見つけた時の喜びは無くなりました(笑)トレードはビジネスですから、機械にできるところは自動化し、人は人でしかできないことをするのです。とにかく日々改善を加えて行く必要があるのは間違いありません。こういう言い方をすると、何だかトヨタみたいですね。


◆トレード記録

061122PL.gif

061122SA1.gif

061122SA2.gif



◆〝より高みを目指すべし〟というと聞こえは良いのですが、つまるところ人間は強欲なのです。トレードでも同じことが言えます。より高みを目指して、トレード手法の改善を進めていかないと生存していけません。では、どうやって改善を進めていくかというプロセスですが、やはり他のトレーダーから成功事例や失敗事例を多く聞いて、それらを取り入れて行くことがベストです。取捨選択です!


◆2年前にロス・エンジェルスのトレーダーを訪ねたとき、彼の手法を聞いて驚きました。つまりテクニカル的に綺麗なチャートをあらかじめスクリーニングしておきます。そしてPERもチェックします。さらに当日メディアで話題になっている銘柄にエントリするのです。この手法では失敗する比率が極めて低いのは当然だとおもいました。USの高名なトレーダー、ウイリアム・オニールと同じ手法です。日本株に置き換えても同じですね、マーケットが始まる前にCNBCのニュースを参考にトレードされている方の成績が良いのと通じます。次の改善はこのエリアにしようと考えております。



SUCNext事務局



  1. 2006/11/23(木) 12:00:27|
  2. 全ての記事

  IPO HiLo-EZ++ リポート 11月21日(火) 


◆SPRという航空機部品メーカーが新規上場しました。例によって、すかさずエントリーです。慣れるということも大切なトレード手法です。今回の銘柄は新規上場にしては値動きがノーマルでしたので、TrailingStop0.4を久々に使用。


◆ロボット・トレードはしっかりと仕事をしています。自動執行システムがあるので、オープニングはIPOに集中できるのですね。アリガタヤ!


◆トレード記録

061121PL.gif


061121SPR.gif

061121SA2.gif



◆ロボットトレードの課題を敢えて挙げると、キャッシュフローの改善を進めることでしょうか。つまり、エントリーするという前提で資金をその銘柄に割り振るのですが、実際は空振りが目立ちます。このISSUEも改善しないといけないですね。




SUCNext事務局



  1. 2006/11/22(水) 11:01:32|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月20日(月) 


◆指数が悪いと、SA(自動執行トレード)の成績が芳しくありません。しかしその逆はいただけません。SAのプログラムはマーケットに適合したものに最適化する必要があるのかもしれません。


◆トレード記録

061120PL.gif

061120SA2.gif



◆先週末にSUCNextのSA開発会議を催しました。参加者の皆さんご苦労様でした。当日頂きましたアイデアをロボット君に盛り込んでいきます。きっとパフォーマンスは向上することでしょう。ご期待ください。


SUCNext事務局





  1. 2006/11/21(火) 11:14:00|
  2. 全ての記事

  IPO、HiLo-E Z++ ・リポート 11月17日(金) 


◆今日は待望のIPO、NMX上場の日でした。NMXはNYの商品先物市場を運営する企業です。あの有名な原油WTIが取引されている取引所といえば分かりやすいでしょう。よって倒産の危機がありありません!いずれM&Aの対象になるのです! と、皆感じていますから、株価が下がる訳がないのです。よって、筆者も参加いたしました。(笑)ところが初値は公開価格の約2倍!でも果敢にMKTオーダーで執行しました。IPOは〝勘と度胸〟というセットアップが一番です。でも、時折大やけどもしますが、大漁にも巡り合うこともあります。今日は神様の思し召しの日でした(笑)


◆トレード記録

061117NMX.gif

061117SA2.gif



◆ロボット・プログラムは元気がありません。週末にSUCNextの開発会議があるので、メンバーに相談してみようと考えております。



SUCNext事務局
  1. 2006/11/18(土) 06:52:09|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月16日(木) 

◆NYダウは史上初の12300$を突破しました。元気なのは良いことです。


◆トレード記録

061116PL.gif

061116SAALL.jpg



◆NYダウは高いのですが、ロボットが選ぶ個別銘柄は良いものが少なくなってきています。つまりダウ30銘柄は強いが、それ以外は中期線と短期線のバランスがよくありません。



SUCNext事務局
  1. 2006/11/17(金) 09:13:06|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月15日(水) 

◆今日もNYダウは高値更新しました。ダウ銘柄って30社なのですが、そうそうたる顔ぶれです。スイングトレードの時、これらの銘柄を良くトレードします。最近ではMMM、BAをロングしました。コツは急落したところで、資金の1/3を投入します。さらに下がると1/3買います、上がっても1/3の資金で購入します。いわゆるドルコスト平均法です。ほぼ間違いなく利益が確保できます。ただしNYダウ銘柄に限ります。これが肝です!!


◆トレード記録

061115PL.gif


061115SAALL.jpg



◆ロボットプログラムを最適化すること。いつも頭にあることです。しかし最適化は過去のデータに基づいて計算されるのです、将来を予測した最適化プログラムもそのうち具現化するのでしょうね。プログラムでは無く、別の方法で最適化をすることを考えてみたいと思っております


SUCNext事務局


  1. 2006/11/16(木) 09:25:33|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月14日(火) 

◆NYダウは連日高値を更新しています。しかし我ロボット君の成績は芳しくありません。どこに原因があるのでしょうね。細かく分析する必要があります。でも、トレード方針を変更するつもりはありません。まあ、100%完璧なプログラムはありませんからね。ある程度のドローダウンは受け入れるべし!!


◆トレード記録

061114PL.gif

061114SAALL.jpg



◆TradeStationの標準機能に〝画面コピー〟があります。ボタン一つで画面やチャートが保存可能です。それが、上記のチャートです。クリックすると、ドカンと大きくなります。ほんと!便利です!!



SUCNext事務局


  1. 2006/11/15(水) 08:55:41|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月13日(月) 

◆ロボット・トレードがプログラムとおり執行されているか検証してきました。結果、スリップページはありますが想定の範囲内です。信頼性が高いと判断しています。ということで、チャートを見やすくする工夫をしてみました。つまり、ローソクが不必要だと気づきました。HiLoシグナルとMA、エントリーポイントや脱出位置、利益が出ているのか、カットロスなのかが分かればいいのですね。と言うことでチャートのデザイン変更です。


◆トレード記録

061113PL.gif

061113SA.gif



◆プログラム変更

①HiLoシグナルでエントリーします
②RangeBreakでもエントリーします
③つまり、どちらかの条件が整えばエントリーします
④HiLoシグナルでカットロスします
⑤レンジの4倍で利益確定します
⑥トレードを1回で終わりにしました
⑦オーバーナイトをしません。つまりデイトレードです
これらをプログラム化しました。



SUCNext事務局


  1. 2006/11/14(火) 22:56:42|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月10日(金) 

◆いや~!参りました!突然2台のPCがウイルスにやられました。こんなことってあるのですね。ということでリポートできなかったのです。トレードはノートPCを引っ張り出してきて対応できたので、不幸中の幸い。よく考えると、ノートPCなら停電の時、電池に切り替わるから便利です。TradeStationはハイエンドなCPUを使う必要がないから、むしろノートPCのトレードが良いのかもしれません。


◆今日のトレード

061110PL.gif


061110SA.gif



◆マーケットはダウが最高値を更新したと報じているが、個別銘柄を見てみるとエネルギー不足を感じます。つまりアップトレンドからサイドウエイに変化してきています。このような時期はトレード戦略もトレンドに合わせる必要がありますね。さて、どうするか!!



SUCNext事務局
  1. 2006/11/13(月) 08:59:49|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月7日(火) 

◆NYダウが50ドルも上昇しましたが、我がポートフォリオは4敗でした。銘柄選択の際、ダウ銘柄も入れておく必要がありますね。


◆P&L

061107PL.gif



◆チャート

061107SA.gif



◆銘柄選択はトレードの命です。TradeStationのRadarScreenの機能を駆使するとトレード品質が必ず上昇します。しかし、このソフトもEasyLanguageで動作するので、結局この言語を学習することは避けられないのです。困った、困った(笑)



SUCNext

  1. 2006/11/08(水) 08:08:38|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z++ ・リポート 11月6日(月) 

◆ロボット君のプログラムを強化しました。HiLo-Band抜けに加えて、RangeBrakeを追加しました。どちらかの条件をクリアするとエントリーします。これでエントリーチャンスが2倍になります。また、オーバーナイトはしないことにしました。資金管理を易しくするためです。また、30分チャートでトレードしています。この条件設定でカットロスが減少するようであれば、株数をMaxに引き上げる予定です。ということでタイトルをHiLo-EZ++に変更しています。


◆P&L

061106PL.gif



◆チャート

061106SA.gif



◆プログラムは時間の経過と共にどんどん進化しています。進化するということと、ソースコードが難解であるということに相関関係がないことが分かりました。これはとても新鮮な事実だと思っております。但し、ロボット君が完全自動で作動することにはなりません。現在筆者が行っているトレードの省力化といったところでしょうか。でもこのレベルで十分でしょう。



SUCNext事務局
  1. 2006/11/07(火) 10:09:30|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 11月3日(金) 

◆マーケットにトレンドが無い時、ロボット君のエントリーは少なくなります。従って利益目標は未達成ということになります。当然といえば当然なのですが、我々はプロですから、トレードに改善を加える必要がありますな。今月の課題です。


◆P&L

061103PL.gif



◆チャート

061103sa.gif



◆TradeStationのRadarScreenというスクリーニング機能を100%引き出すことができれば、パフォーマンスは必ず向上します。しかし綱渡りのようなトレードはしません。何故ならストレスが溜まりますからね。あくまでもリラックスしてできる手法でないと筆者は受け入れることができないのです。だから、ロボット・トレードを指向しているのです。どのようなマーケットでも利益が出せる!執行が簡単でストレスフリーである!この目標に向かってトライアルを繰り返していると、いずれ夢の手法が手に入ると確信しております。



SUCNext事務局
  1. 2006/11/04(土) 11:18:45|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 11月2日(木) 

◆やっと、我がロボット君の調子が戻ってきました。エントリー・プロセスは変更していませんので、MKTが悪いと結果も悪いのは当然のことです。トレンドフォローの手法を使っている宿命ですな。頭では分かっているのですが、ドローダウンが続くとプログラムを変更しようか!という誘惑にかられます。これがシステムトレードの最大の敵です。


◆P&L

061102PL.gif



◆チャート

061102SA.gif



◆お気づきの方がおられると思いますが、ロボット君のプログラムは時系列で変化しています。従って、皆さんにリポートしているチャートは、日によって15分から30分に変わっていたり、エントリーと脱出マークのカラーに違いがあったりしています。SUCNext開発の方々の甲斐あって、HiLo-EZの改善は順調に進んでいます。そろそろ次のステップに進む時期に来たかなと考えているところです。早ければ来週あたりから紹介しますが、あっと驚くトレードになるでしょう。ご期待ください。



SUCNext事務局

  1. 2006/11/03(金) 12:33:40|
  2. 全ての記事

  RCロジックの新刊本 


◆RCロジックのソースコードが公開されている本が新刊されました。どうぞ、思う存分勉強してください。但し英文です(笑)

http://www.amazon.com/Trading-Edge-Trade-Winner-Wiley/dp/0470822163/sr=8-1/qid=1162382205/ref=pd_bbs_sr_1/103-5762498-7148602?ie=UTF8&s=books


◆もし、英文で読む情熱が無い方。でも内容を知りたい方はSUCNext事務局にご連絡をください。部分的ですが日本語のサマリーを準備しております。



SUCNext事務局


  1. 2006/11/02(木) 10:18:18|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 11月1日(水) 

◆11月になりました。MKTは軟調になってきましたが、方針に変更はありません。同じプログラムでロボット君は動作しております。しかし、MKTが良くない時は全滅しますね。こればかりは回避策を導入する必要を感じております。


◆P&L

061101PL.gif



◆チャート

061101SA01.gif

061101SA02.gif



◆HiLo-EZのプログラムはほぼ完成域に入りました。しかし、MKTが変化すると、もっと適合するようにしたいという欲望が湧いてきて、チューンアップをします。そうすると完成が遠のきます。いたちごっこですね。しかし開発時間の経過とともにパフォーマンスが良くなっていきますから、〝もっと、もっと!〟が止められなくなるのです。気の毒なのは、プログラムを開発している担当者の方です!(笑)



SUCNext事務局
  1. 2006/11/02(木) 09:48:20|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月31日(火) 

◆エントリーは16銘柄ですが、条件をクリアしたのは2銘柄しかありません。MKTに勢いが無いとエントリー数が少なくなりますね。ロボットは正確無比に判断しますから、信頼性があります。後はMKTが良くなるまで我慢するのが仕事なのです。


◆P&L

061031PL.gif



◆チャート

061031SA.gif



◆話題のスーパーカブロボは、予想を上回る参加者で賑わっているそうです。早稲田大学、IBM、カブコム証券がコアになって進めている大型プロジェクトです。素人にはとっつきにくいシステムですが、ロボット・トレードの中心的存在になるのでしょう。我がロボット君はTradeStationの標準装備品ですので、難易度は格段に低いのが特徴です。カブロボの詳しい情報は下記からどうぞ。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/30/news045.html

http://kaburobo.jp/ranking/



SUCNext事務局
  1. 2006/11/01(水) 09:35:13|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月30日(月) 

◆HiLo-EZの対象銘柄はS&P500です。これならナスダック主要銘柄、NYダウ銘柄も含まれ、バランスが取れています。これの先物をシステム・ロボット・トレードで運用しているトレーダーが多いのも理解できますね。さて、我がロボットさんの運用成績をリポートします。


◆P&L

061030PL.gif




◆トレードチャート

061030SA01.gif



◆今日はエントリーが4銘柄で、普段と比べると少ないですね。執行条件が揃わないと参加しないのは当然ですが、ポートフォリオの組み方を工夫してみる必要があると思っています。最近のNYダウは右肩あがりですが、ダウ構成銘柄以外には興味深いものがあります。これらにスポットして、組み入れを検討します。調べてみるとF(Ford)がなかなか良い成績です。


SUCNext事務局


  1. 2006/10/31(火) 09:09:15|
  2. 全ての記事

  システムトレード実践レクチャー・サマリー

◆10月28日(土)に開催しましたシステムトレード実践レクチャーのハイライトをお届けします。

061028hirata02.gif






061028hirata03.gif




061028hirata04.gif




061028hirata05.gif




061028hirata06.gif



SUCNext事務局
  1. 2006/10/29(日) 11:36:47|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月27日(金) 

◆今日はHiLo-EZ始まって以来始めての大幅負けの日でした。といっても大した負けではありませんが!実は今日から新しいプログラムを導入しました。負けを限定して、利益を伸ばす、というのがコアなのですが、負け数が多いと利益は伸びません!当たり前ですな。


◆P&L

061027PL.gif



◆ベスト4チャート (負けトレードも含みます)

061027SA01.gif



◆残りのチャート

061027SA02.gif



◆新しいプログラムはこの週末に銘柄選択を行い、来週から本格的にトレードを開始します。今日のトレードを見て感じたことですが、トレード回数が多くありません。無駄撃ちが少ないということです。これが功を奏するかもしれませんね。さあ、思惑とおりにことが運べばいいのですが!いかがな結果になるか、ご期待ください。



SUCNext事務局


  1. 2006/10/28(土) 09:04:58|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月26日(木) 


◆昨夜はTradeStationの調子が悪くて、開始早々Strategyをキャンセルしました。プラットフォームがおかしいと思ったら、ロボットのスイッチは取り消すべきですね。間違ったトレードをすると大変なことになります。マーケットは毎日やってますから、焦ることはありません。


SUCNext事務局

  1. 2006/10/27(金) 09:17:10|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月25日(水) 

◆我がロボットさんは、とても忙しい一日でしたね。ご苦労さまでした!大きく負けたり、損を取り戻したり、ひたすら決められたルールに従ってトレードしてくれます。もし、筆者がロボットさんに代わってこの仕事をしたら、100%の確率でミスを犯します。このことに関しては自信があります。(笑)この先の課題は、ロボットを複数にしていくことですね。まさにパーソナル・ヘッジファンドです。


◆P&L

061025PL.gif




◆ベスト4銘柄

061025Chart01.gif



◆残りのチャート

061025Chart02.gif




◆現在稼動しているロボットも、課題が幾つもあります。長所もあれば短所もあるのです。それらを丹念に解決していけば、我がロボットさんはスーパーロボットに変身することでしょう。ロボット・トレードといえども、地道な努力が必要なのです。


SUCNext事務局
  1. 2006/10/26(木) 09:22:02|
  2. 全ての記事

  SUCNextメンバーのオリジナル・ロボット 

◆SUCNextにロボット開発会議というのがあります。オリジナルのトレード手法をソースコードに書いて、ロボットを動作させよう!というドリームチィームです。あるメンバーの方が実際運用されているパフォーマンスをご紹介します。このチャートを見せて頂いた時、参加者全員が唖然としました。まさに驚異のロボットさんです。


◆パフォーマンス・グラフです

061026HarimaoPG.gif



◆プロフィット・ファクター

061026HarimaoPF.gif



◆コメント

①開発された方によると、パフォーマンスに不満があるそうです。さらに良いロボットを開発する情熱に敬意を表します。

②SUCNextロボット開発メンバーのオリジナルも近いうちに公開できるようになるといいのですが!ご期待ください。



SUCNext事務局


  1. 2006/10/26(木) 02:46:12|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月24日(火) 

◆今日のロボットさんは、目立った活躍をしませんでした。イチローや松井でも、ヒットを打ち続けることは不可能ですからね。それより、おおきなカットロスが無い!ということに注目するべきなのでしょう。


◆今日のP&L

061024PL.gif



◆今日のチャートです

061024SA01.gif



◆HiLo-EZは、ホームランバッターではありません。しかし堅実にヒットを打ってくれる、信頼がおける打者です。さらに信頼性をあげるように調整していきます。ご期待ください。



SUCNext事務局


  1. 2006/10/25(水) 11:18:31|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月23日(月) 

◆NYダウは史上最高値を更新しました。GOOGは何と20ポイントも上昇し、ダウ平均に貢献したのですが、我がポートフォリオはGOOGをトレードしておりません!何故なら、エントリー条件が整わないからです。残念です!でも、HiLo-EZはロボットさんがトレードをしてくれるのですから、贅沢を言ってはいけませんね(笑)

061023PL.gif



◆ベスト4銘柄のチャートです

061023SA01.gif


◆その他のチャート


061023sa02.gif

061023sa03.gif


◆現在の課題と解決策

トレード候補はS&P500銘柄、Nasdaq100銘柄から抽出しています。この作業にとても時間がかかります。このプロセスを自動化すべく、条件設定を模索中で、条件が決まれば、TradeStationのRadarScreenというスクリーニング機能で自動的にピックアップできるようになります。抽出された銘柄は、いちいちチャートで確認しないで次々エントリーします。そのようなトレードを目指しております。まさに夢のトレードですね。完成しましたら、皆さんに真っ先に公開するようにしましょう。但し、公開できる時期は目処がたっていません(笑)あてにしないでお待ちください。そのうち完成するでしょう!もちろん日本株にも使えます!


SUCNext事務局
  1. 2006/10/24(火) 09:31:04|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月20日(金) 

◆昨日の損失を取り戻しました(笑)やはりポートフォリオで運用することは投資の最重要要素ですね。


◆P&L

061020PL.gif



◆ベスト4銘柄

061020sa01.gif



◆その他の銘柄

061020sa02.gif

061020sa03.gif


◆今日はSUCNextの開発会議です。参加者の皆さんご苦労様です。



SUCNext事務局
  1. 2006/10/21(土) 08:16:28|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月19日(木) 

◆ロボット・トレード初のマイナス決算でした。NYダウは史上最高値を更新していますが、SUCNextのポートフォリオはNGであります(笑)銘柄選択のプロセスを工夫してみます。


◆P&L

061019pl.gif






◆ベスト4銘柄

061019sa01.gif



◆その他の銘柄

061019sa02.gif

061019sa03.gif



◆ロボット・トレードの最適化を目指して改善を続けています。SUCNextメンバーのテクニカルサポートのおかげで、日々、課題が克服されています。筆者だけでは、このような状況は具現化しなかったでしょう。関係者の皆さん、ありがとうございます。では、明日、お目にかかりましょう!




SUCNext事務局
  1. 2006/10/20(金) 08:51:20|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z ・リポート 10月18日(水) 

◆イントラ・デイトレードのプログラムでロボット・トレードしました。結果、6勝5敗で、ゲインはオーバーナイトトレードより劣ります。しかし、総合的に考えるとイントラ・デイトレードもなかなか良いと思います。


◆P&L

061018pl.gif



◆ベスト4トレード

061018sa01.gif



◆残りのトレード

061018sa02.gif

061018sa03.gif



◆ロボット・トレードはストレスフリーでマルチ銘柄にエントリーできるのが何よりです。皆さんも早くロボトレができるようになるといいですね。

SUCNext事務局
  1. 2006/10/19(木) 08:04:48|
  2. 全ての記事

  HiLo-E Z リポート 10月17日(火) 

◆エントリーしていた銘柄はすべて脱出。ギャップダウンで始まったので、開始早々に利益確定が相次ぎました。17日のエントリーはありません。


◆利益の状況

061017pl.gif



◆今日はベスト8銘柄のチャートをご覧ください。


061017sa01.gif

061017sa02-close.gif



◆引き続き、ワースト8銘柄、つまりカットロスシリーズのチャートです。061017cutloss02.gif

061017cutloss01.gif



◆結論:やはり1日に30銘柄をエントリーするのは避けたほうがよさそうです。管理が大変です。管理といってもロボットがするのですが、正常に作動しているかどうかのチェックは人間が行う必要がありますからね。やはり上限10銘柄くらいでしょうか。


◆さらに、優秀なロボットを開発中ですので、それが完成したら新たな展開が期待できそうです。それまでは焦らず、オーソドックスに行きましょう(笑)



SUCNext事務局



  1. 2006/10/18(水) 14:41:51|
  2. 全ての記事
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。